Marie-Hélène de Taillac

Marie-Hélène de Taillac

Marie-Hélène de Taillac

ブリオレット、トルマリン、カルセドニー…

初めてのジュエリー・コレクションを1996年に発表すると、マリーエレーヌ・ドゥ・タイヤックはこれまでの堅苦しかった宝飾界に、革命をまき起こしました。まだほとんどの女性が“本物”のジュエリーを身につけることは難しい、と感じていたこの頃、 “スタイリッシュ”と“宝飾”は、かみあわないものだったのです。

色への情熱に駆りたたれ、宝石と旅に魅せられて、マリーエレーヌ・ドゥ・タイヤックは遂にあるスタイルを生み出しました。石自体を主役として引き立てるというそのスタイルは、直ちに成功をおさめ、ニューヨークのバーニーズ、ロンドンのブラウンズ、パリのコレットなどが、早速彼女のジュエリーを買い付けました。

マリーエレーヌ・ドゥ・タイヤックがキャリアをスタートしたのは、ロンドンのモード界です。ジュエリー・デザイナーのディニー・ホール、クチュリエのヴィクター・エーデルシュタイン、そして帽子デザイナーのフィリップ・トレイシーと仕事を共にすること、14年間。石と色という本来の情熱にやっと立ち返ったのは、その後のことでした。

そして、運命の時がやってきます。マハラジャの時代にさかのぼる伝統的な手法をもつ、インドの最高峰の職人たちとの出会い。ここでマリーエレーヌ・ドゥ・タイヤックは、それまでずっと探し求めていたものを見つけました。特別な石と、確かなクラフツマンシップです。今ではすっかり有名になったその大胆な石の“組み合わせ”を、彼女は今でもインドで続けています。

Marie-Hélène à sa table par JP Delhomme

そしてある日、彼女のちょっとした衝動から、本来ダイヤモンドにしか適用されないしずく型のブリオレット・カットが、

カラー・ストーンにも使われるようになりました。

”貴石”"半貴石”という保守的な差別には迎合せず、次々と宝飾界の常識を破る彼女。

ダイヤモンドとルビー、エメラルド、サファイアだけのジュエリー

創りには飽き足らない彼女は、せっかくの驚く程美しいカラー・パレットを呈するジェムストーンに手を出さないことはない、と考えました。

こうして、一目でそれとわかる独自のスタイルは生まれたのです。

マリーエレーヌ・ドゥ・タイヤックは、初の旗艦店である東京に続き、翌2004年には、パリのサンジェルマン・デ・プレにもブティックをオープンしました。

そして2013年、ニューヨークの高級店街、マディソン・アヴェニューに待望のショップがオープンしました。

また2014年には、マリーエレーヌ ドゥ タイヤックを象徴する初期のモデル“カボション”のブルーカルセドニーのリングと共に、“スカーフ”ネックレスが、パリ装飾美術館の所蔵作品となりました。